Designer profile

制作職人プロフィール

『アルバム』となるジュエリーを作りたい

大矢 祥一

おおやしょういち

1984年6月30日生まれ

新潟県出身

 

小学生の頃からアクセサリーが大好きで
シルバーアクセサリーをジャラジャラと身に付けて街へ繰り出していた。

中学生になってからは、当時好きだった女の子への誕生日に
革紐とビーズを組み合わせたブレスレットやチョーカーをプレゼント。

しかし、そんな時期に吃音症を発症。
笑われることが怖くなり、話すことが億劫になってしまう。

中学を卒業してからは

高校中退、暴走族、ヤクザ関係と荒んだ生活へと堕ちる。

そしてさらに人と話すことが苦手になっていく・・・

その後、20代に入り素敵な仲間と出会い更生。

会社員、モデル、そしてデザイナーへと転身する。

人とは違う人生を歩んできたこんな自分でも

何か世の中に残せるものがないかと思い、

モノづくりで社会に奉仕することを決意。


そんな中で始めたことがジュエリー制作。

言葉ではなく、カタチで気持ちや想いを伝え、感謝されることに喜びを感じるようになる。

infinity(無限)の物語を生み出すjewelry(ジュエリー)をコンセプトに、

想いを込めて​丹念に制作。

 
『二人の大切な記憶や、想い出などの物語を残すジュエリー』

『身に付けるたび想い出が募り一つのアルバムとなるジュエリー』

『時を重ねても身につけるたびにあの頃を思い出すジュエリー』

 ​

そんな無限の物語を形にできるジュエリーをあなたの元へお届け致します。

身につけることによって生まれる数々のストーリー...その1つ1つの物語をジュエリーに刻んでいってもらいたい。

辛いことも嬉しいこともそのジュエリーが思い出させてくれます。